公式サイト

城下荘平
.
もどる
生誕地 /
飛行器のヒントを得た地 /
模型飛行器の飛行に成功した地 /
飛行神社

二宮忠八(1866-1936)
−ライト兄弟の飛行成功より12年も前に、全く独自に動力付き模型飛行機の飛行に成功していた日本人−






カラス型模型飛行器
ライト兄弟の飛行機にはない車輪が装着されている
飛行神社・蔵


二宮忠八
写真:二宮忠八飛行館・蔵






玉虫型飛行器(図面に基づく復元機)
下の翼で飛行方向を変えることができる
二宮忠八飛行館・蔵
二宮忠八は全く独自に飛行機開発の研究を行っていた。1891年4月29日に香川県丸亀にあった練兵場で忠八の製作したゴム動力のプロペラ推進によるカラス型模型飛行器は地上を滑走後、約1m浮き上がり、約9mを飛行した。当時、陸軍の衛生隊に属していた忠八は、この成功実績と実機の設計図を持って、上官に3度にわたって飛行機実機の製造を具申したものの、あえなく却下された。ライト兄弟が世界で初めて有人動力飛行に成功したのは、忠八が模型飛行器の飛行に成功してから12年も後の1903年のことであった。(参考文献:吉村昭, 「虹の翼」, 文藝春秋, 1980. 本サイトは主にこの書籍に基づいています。)