公式サイト

城下荘平
.
メモ
学会発表
その他
小惑星探査機「はやぶさ」

2003年5月9日に内之浦宇宙空間観測所 (鹿児島県肝属郡) から打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、2005年11月に世界で初めて小惑星ITOKAWAの表面に降り立ち、打ち上げから7年後の2010年6月13日に地球に帰還した。その間、イオンエンジンが停止したり、交信ができなくなる等の絶望的なトラブルに見舞われたものの、事前に周到な準備がなされていたことやプロジェクトチーム技術者達の執念によって克服された。そして、太陽系成り立ちのヒントが得られる可能性があるとして、現在、「はやぶさ」が持ち帰ったITOKAWAのサンプルの分析が行われている。

内之浦宇宙空間観測所は科学衛星の打ち上げを目指して設立されたのに対し、内之浦の沖合いに浮かぶ種子島 (鹿児島県熊毛郡) では実用衛星の打ち上げを目指して種子島宇宙センターが設けられている。 (大型ロケット組立て棟と移動発射台 / 移動発射台 / ロケットの大きさ比較 / 総合指令棟内


小惑星探査機「はやぶさ」の縮尺模型
(内之浦宇宙空間観測所・宇宙科学資料館)





M-V型ロケット実物大地上試験機
(内之浦宇宙空間観測所)



この内之浦の地からM-V型ロケットによって「はやぶさ」は打ち上げられた
(内之浦宇宙空間観測所)

M-V型ロケットの打ち上げまで
(宇宙科学資料館)